肥満とうどんとみかんについて

炭水化物のうどんは、肥満を気にする人には、手を出すべきか迷いがちな食材です。しかし実は、うどんのカロリーは意外と数値が低いものです。イメージ的には炭水化物で太りそうですし、消化が早くて腹持ちも良くはなく、さらにはお腹がすきやすい印象です。しかし調べてみると、1食あたりでは300カロリーほどなので、トッピングの具材を選ぶことで、肥満解消のダイエットにも良いメニューになります。

うどんは低カロリーである上に、ダイエットの効果になるのは、その食感であるコシです。消化の速度が遅くなるために、炭水化物という糖質の吸収をゆっくりにさせることができます。コシのある食材であるために食べごたえがあって、自然に噛む回数も増えることから、お腹にも満腹感を感じやすくなります。

ダイエットに加えるなら、夕食にうどんを入れてみましょう。朝や昼は時間がないので、あまり噛むことができませんが、夕食ならばよくかんで食べてダイエットにも活かすことができます。トータル的な、1日あたりのカロリー摂取量も、ある程度は控えるのが、肥満予防と解消の基本です。

肥満を解消をするためには、みかんを食べるのも良い方法です。日本人は昔から、冬のこたつにはみかんというほど、とても身近な果物です。みかんにはクエン酸が豊富であり、糖質を分解して、さらには燃焼もさせる作用があります。大干支をするにあたり、糖質の燃焼とエネルギー変換は重要な課題です。

激しく運動をしなくても、みかんをおいしく食べることで、脂肪燃焼さようになるならば、やらない手はないでしょう。ペクチンも含むために、体内のコレステロール低下にもなります、食物繊維の一種でもあるのがペクチンなので、ダイエットのためにも大きく貢献をすることになります。